第44回認定相談員事例研究会 4月23日(土)-24日(日)

遠方からも参加しやすいオンライン開催となっております。
事例発表あり・事例発表なしでの参加参加共に定員がありますのでお早めにお申し込みください。

終了しました

講師より

 講義I「地域に根付く相談員としてのあり方~行動分析の実践~」の講義担当致しました。事例発表と検討(1)(2)の後、ご参加の認定相談員の方々の活動報告も伺いました。清水会長からの講義IIは「相談員による行動支援のための応用行動分析の原理と実際」は初級や中級のセミナーの内容よりも具体的で実践的jointアテンション(共同注意・共同注視)jointエンゲージメント(愛着心・約束)を指さしの発達と要求言語について詳しく拝聴でき、大変有益な講義を参加された認定相談員の方々と共通認識出来た事は私にとっても大きな収穫でした。発達とその仕組みを知れば知るほど奥深く、支援の大切さを感じます。

 スーパーバイザーになる前は、認定相談員研究会に出席す金沢から飛行機や電車で東京に出向き、全国から来られた認定相談員の方に事例報告をし、ご意見を頂いたり、事例の検討をして頂く事が、地方で働く認定相談員の私にとっての大きな励みでした。コロナ禍において、zoom参加でも、それぞれの場でそれぞれの業務の中、ポーテージプログラムの認定相談員という共通の仲間の方々と繋がる事例研究会は、自己を研鑽し、力を尽くしておられるご家族・愛おしい子ども達・支援者方々の一助となる為の勉強を続けていく原動力となるのです。

くねくね曲がるLEDライト・少しでも顔を明るく見せたいという細やかな願いで使用。スピーカーは「皆様のお声を少しでも近く感じたい」という願いで使用しています。対面の講義が1番ですがリラックスして自宅内の教室でオンライン発信が出来る事も大切な時間です。

石川湖南支部 認定スーパーバイザー

小坂正栄

日  程

 2022年 4月23日(土)午後 ・24日(日)午前・午後
※参加人数によって、時間の調整を行います。

会  場

 オンライン (ホスト:日本ポーテージ協会・インターネットZOOMを使用)
※参加方法についてご相談ください。事前に通信状況のテストなどいたします。

講  師: 

 日本ポーテージ協会 会長  清水 直治
  同 認定スーパーバイザー 小坂 正栄

募集定員

 20名 (うち事例発表 10名)

参加資格

以下をご参照ください

事例発表あり 事例発表なし
認定相談員* ○**
契約相談員(初級・中級セミナー受講)***
初級・中級研修セミナーを受講した方**** ×

*認定相談員資格更新のための必修研修です。次の資格更新までに1度以上必ず受講してください。
**認定相談員資格更新のための必修研修として、事例発表が必須です。事例が無いなどやむを得ない場合のみ、事例発表をしない参加も更新のための必修研修として認められます。
***契約相談員とは日本ポーテージ協会の運営する発達相談事業に携わっている相談員です。認定相談員の事例発表を優先しますので、初級・中級の契約相談員は発表ができないことがあります。ご了承ください。
****会員であることが必須です(団体会員も可)事例発表はできません。

参 加 費

  14,000円(1日参加 8,000円)
契約相談員は11,500円(1日参加 6,000円)

(ただし、1日参加は認定相談員の更新のための必修研修として認められません)

申込方法

下記の申込フォームからお申込みください。
・事例の作成時間を考慮し、できるだけ早くお申込みくださいますようお願いします。
・お申込み後5営業日以内に参加費をお振込みください。
・事例報告書類の提出は 4月5日(火)必着です。
・事例発表なしで参加の方の申し込み締め切り日は4月8日(金)となっております。
・参加費のご入金を確認次第、事例発表用紙をメール添付で送ります。
・紙ベースの用紙をご希望の方は事務局へお申し出ください。

44th-jireiken2022
第44回 認定相談員事例研究会 申込フォーム


    参加予定日 
    (ただし、1日参加は認定相談員の更新のための必修研修として認められません)

     参加の形式:
     

    資料等送付先:

    送付先住所 




     参加者名簿に


      *受付メールが届かない場合はお手数ですがjpa@a-net.email.ne.jpまでお知らせください。