日本ポーテージ協会とは

  • 日本ポーテージ協会とは?

     

     日本ポーテージ協会は、「ポーテージプログラム」を日本全国及びアジア地域に普及させるために、1985年に創立されました。2014年にに東京都より認定NPO法人に認定され2015年に創立30周年を迎えました。

     『新版ポーテージ早期教育プログラム』を使って、発達に遅れや偏りのある乳幼児の家庭での親(保護者)指導について、早期からの発達相談とそのご家族支援を行っています。 現在では、会員数約1000名で、全国に50支部があり、それぞれの地域の特徴を活かした相談活動を展開しています。

     また、「ポーテージプログラム」を学びたい方やポーテージ相談員の養成のために、初級研修セミナーを年2回、中級セミナーを年1回開催しています。グループ指導のセミナーとしては、インクルージョン保育を展開するための幼児・グループ指導カリキュラムセミナーを年1回開催しています。 その他、ご要望に応じて、ポーテージプログラムの1日セミナーや各地の研修会などへ講師派遣を行っております。

     

  • 会長あいさつ

    社会への貢献活動にご支援を

    ーポーテージプログラムによる0歳からの発達相談と親・家族支援ー

     

     アメリカ合衆国ウィスコンシン州ポーテージに、ポーテージプロジェクトが組織されたのが1969年でした。発達が遅れたり偏った乳幼児とその親や家族支援するためのプログラムを開発することが目的でした。アメリカ合衆国連邦からの助成金を得て、1972年に最初のプログラムである『ポーテージ早期教育ガイド(Portage Guide to Early Education:PGEE)を出版しました。この『ポーテージ早期教育ガイド』は1976年に改訂されましたが、この改訂版をもとに1983年に日本版『ポーテージ乳幼児教育プログラム』を作成しました。この早期教育を日本全国およびアジア地域に普及させようとして、1985年に日本ポーテージ協会が設立されました。そして、2005年にはさらに改訂を進め、『新版ポーテージ早期教育プログラム』を出版しました。

     日本ポーテージ協会は、2014年1月に東京都から認定NPO法人として認定を受けることにより、広く社会への貢献活動を行う団体として認められました。そして、2015年度に創立30周年を迎えました。今後とも、発達に遅れや偏りのある乳幼児の早期からの発達相談と親・家族支援に力を尽くしたいと考えます。よろしくご支援くださいますようお願い申し上げます。

     

                                               日本ポーテージ協会会長 清水直治

  • 日本ポーテージ協会役員一覧

  • 日本ポーテージ協会 沿革

    1980年(昭和55年)

     4月~1983年(昭和58年)3月

     厚生省(当時)の「発達遅滞乳幼児療育目標と効果に関する研究分担研究者・山薫)」においてポーテージプログラムの日本における適用を研究

     

    1981年(昭和56年)

      4月    東京学芸大学付属養護学校(当時)の一室に実験ルームを開設

     

    1982年(昭和57年)

     4月    杏林大学病院小児科プレイルームに実験ルームを開設

     

    1983年(昭和58年)

     11月   アメリカ合衆国よりシドニー・ビジュ-博士、ジョージ・ジェシーン氏を招いて全国3ヵ所で講演会開催

     11月    ポーテージ乳幼児教育プログラム日本版を完成し出版

     11月    主婦の友育児センター21にポーテージ発達相談室を開設

     

    1984年(昭和59年)

      6月   アメリカ合衆国において第1回ポーテージセミナーを開催(以後2回開催)

      9月     第1回指導者養成研修セミナーを東京にて開催(以後年1回開催)

    1985年(昭和60年)

     3月     日本ポーテージ協会設立

     11月    アメリカ合衆国よりシドニー・ビジュー博士、バーバラ・ウォルフ女史を招いて、全国5ヵ所で講演会を開催

     

    1986年(昭和61年)

      8月     第3回指導者養成研修セミナーを箱根にて開催講師に、 アメリカ合衆国よりポーテージプロジェクトス

    タッフを招く(以後1回開催)

      9月     英国における国際ポーテージ会議に参加

     

    1987年(昭和62年)

     9月     講演会と研究発表会を開催(以後毎年開催)

     

    1988年(昭和63年)

     8月     国際ポーテージ会議東京大会開催,国際ポーテージ協会設立

     

    1990年(平成 2年)

     8月     第6回指導者養成研修セミナーを開催(以後年2回開催),第3回国際ポーテージ会議(米国)に参加

     

    1992年(平成 4年)

     11月    第4回国際ポーテージ会議(ジャマイカ)に参加

     

    1993年(平成 5年)

     8月     国際ポーテージ協会会長、デヴィッド・シェアラ-博士を迎えて講演会を開催

     

     11月    ポーテージ友の会結成、第1回総会を開催(以後年1回催)

     

    1994年(平成 6年)

     3月     指導者養成中級研修セミナーを開催(以後初級と中級を分けて開催)

     

    1995年(平成 7年)

     8月     第1回日本ポーテージ協会認定指導員事例研究会を開催(以後年1回開催)

      日本ポーテージ協会創立10周年記念式典

      英国ポーテージ協会会長、ショーン・カメロン博士を迎えて記念講演とアジアの方々によるパネルディス

    カッションを開催

     

    1996年(平成 8年)

      6月    東京学芸大学付属養護学校(当時)内実験ルームと主婦の友育児センター21内相談室を閉鎖、事務局所在 地に本部相談室を開設

     9月  第6回国際ポーテージ会議(英国)に参加

     

    1998年(平成10年)

     11月  第7回国際ポーテージ会議(広島大会)1998を主催

     

    2000年(平成12年)

     4月 特定非営利活動(NPO)法人日本ポーテージ協会設立

     10月  第8回国際ポーテージ会議(アラバマ大会)に参加

     

    2002年(平成14年)

     11月  第9回国際ポーテージ会議(キプロス大会)に参加

     

    2004年(平成16年)

     11月  第10回国際ポーテージ会議(フィリピン大会)に参加

     

    2005年(平成17年)

      5月 日本ポーテージ協会創立20周年記念式典を開催

     

    2006年(平成18年)

     9月 第11回国際ポーテージ会議(ラトビア大会)に参加

     

    2008年(平成20年)

      第12回国際ポーテージ会議(オランダ大会)に参加

     

    2010年(平成22年)

     6月  日本ポーテージ協会創立25周年大会を主催

     10月 第13回国際ポーテージ会議(インド大会)に参加

     

    2012年(平成24年)

     6月  清水直治第2代会長に就任

     

    2014年(平成26年)

     月  認定NPO法人として東京都より認定

     

    2015年(平成27年)

      月 日本ポーテージ協会創立30周年大会を開催

  • 日本ポーテージ協会 主な事業・活動内容

    ■相談事業

     ポーテージプログラムを用いて、全国の支部で、また全国の児童発達支援センターや放課後等デイサービス、民間の福祉機構などによる早期からの発達相談、家庭訪問による相談、電話相談を実施。

     

    ■研修事業

     ポーテージプログラム初級・中級研修セミナー、講演と研究発表会、連続公開講座、幼児・グループ指導カリキュラムセミナー、一日セミナー、講師派遣などを実施。研修セミナーを受講することによって「ポーテージ認定相談員」「ポーテージ認定スーパーバイザー」の資格を認定。

     

    ■広報・出版事業

     機関紙『ポーテージ通信』の発行、『輝いて今をいきいき』(ジ・アース教育新社)など書籍の出版、教材・教具の製作・販売。

     

    ■支部活動

     現在(2015年)、全国50支部で相談活動や学習会、季節行事などを実践。

     

    ■国際活動

     アジア地域の支援活動と、アジアの国々におけるポーテージプログラム・ワークショップの開催、国際ポーテージ協会に参画。

     

    ■友の会

     ポーテージプログラムで育った子どもたち・青年たち、親・保護者による交流会。

© 1985 - 2015 Japan Portage Association

  •