ポーテージプログラムとは?

「ポーテージ」というのは,アメリカ合衆国ウィスコンシン州にある人口1万人強の小さな市の名前です。ここにはCESA5という州の教育行政援助機関が置かれています。このCESA5に,1969年にアメリカ合衆国連邦政府からの助成金を得てポーテージ・プロジェクトが設けられ,『ポーテージ早期教育ガイド(Potage Guide to Early Eduation:PGEE)』を1972年に開発しました。その後1976年に改訂されました。現在では,イギリスをはじめ世界35以上の言語に翻案・翻訳され広く活用されています。

   日本でも1980年から3年間,厚生省(当時)の研究助成を得て『発達遅滞乳幼児の療育目標と効果に関する研究』(分担研究者・山ロ薫)の中で,このプログラムの日本での適用の研究が進められ,1983年に日本版『ポーテージ乳幼児教育プログラム』として出版,さらに日本での実践をふまえて 2005年に「新版ポーテージ早期教育プログラム」(=写真)として改訂しました。

  さらに2005年には、『インクルージョン保育を展開するための幼児・グループ指導カリキュラム』を出版しました。

© 1985 - 2015 Japan Portage Association