日本ポーテージ協会は、発達に遅れや偏りがある子どもの0歳からの発達相談と、親・家族支援をめざしています。『新版ポーテージ早期教育プログラム』を用いた親・家族を中心にした家庭における指導と、『インクルージョン保育のためのグループ指導カリキュラム』による児童発達センターや放課後等デイサービス、保育園などにおけるグループ活動の支援をしています。さらに、『学齢期の子どもの行動支援プログラム』使って、家庭、学校、地域が連携した親・教師支援を行います。

NEWS

2019.4.3【セミナー】

2019.3.26【支部活動】

2019.4.1【セミナー】

© 1985 - 2015 Japan Portage Association